Home‎ > ‎Application‎ > ‎

CotEditor

http://www.aynimac.com/p_blog/files/index2.php
OSX用の軽量・フリーのテキストエディタ
Railsとか、多画面を一遍に開いて作業するには向かないけど、1枚ファイルを扱うときは、これが好きかも。
ターミナルから呼び出せるように、.bash_profileに下記を追加している。
openは、OSXのコマンド。
不可視ディレクトリを開いたり。ターミナルとFinderを行き来するには必須。
後、fcdも必須。
alias cot='open -a CotEditor'

スクリプトメニュー

090407_20_13
URLのパラメタを区切ってデコードするだけ

#!/usr/bin/ruby
# %%%{CotEditorXInput=Selection}%%%
# %%%{CotEditorXOutput=ReplaceSelection}%%%
require "cgi"

while line = gets
  line.chomp.split(/&/).each do | param |
    print CGI::unescape(param.gsub("="," = ")),"\n"
  end
  print "------------------\n"
end


痛いミスをしたので、キーワードを置き換えるスクリプトつくっておいた。
ちなみに %%%の行は、Coteditor の方で解釈されるので消してはいけない。

ちょっと改訂。
Hashって順序が規定されないみたいなので、Arrayでくるんでみた。
#!/usr/bin/ruby
# %%%{CotEditorXInput=Selection}%%%
# %%%{CotEditorXOutput=ReplaceSelection}%%%
replaceText=[
{"xxx.co.jp"=>"xxx.co.jp"},
{"xxx.co.jp"=>"xxx.co.jp",
"area"=>"area",
"password"=>"password",
"password"=>"password"},
{"xxx"=>"xxx",
"xxx"=>"xxx"}
]

while line = gets
  replaceText.each{|keyset|
    keyset.each{|key,word|
      line.sub!(/#{key}/,word)
    }
  }
  print line
end

Comments