Home‎ > ‎Application‎ > ‎

ExcelTips


080809_07_54
会社のナレッジベースにしか入れていなかったTipsとか結構あったのだけど、そいつが動いていたマシン(Macmini)が吹っ飛んでくれたので、不便で仕方ない。
ま、データは無事だったので、そのうちローカルマシンにでも再構築するつもりだけど、暇もない。
とりあえず、最近ので思い出すのだけ書いておく。

配列数式内での AND OR

={SUM(IF($B$7:$B$39="R",$D$7:$D$39,0))}
こういう表示になるやつだけど、

=SUM(IF(AND($B$7:$B$39="R",$C$7:$C$39="S"),$D$7:$D$39,0))
みたいな書き方ができない。

仕方ないので、
ANDの場合
=SUM(IF(($B$7:$B$39="R")*($C$7:$C$39="S"),$D$7:$D$39,0))
ORの場合
=SUM(IF(($B$7:$B$39="R")+($C$7:$C$39="S"),$D$7:$D$39,0))


プルダウンの入力を作る



こういう、プルダウンから選ぶセルを作る方法。

まず、選択する要素のリストをシートのどこかに作る。(Bookに含まれていれば、別のシートでも構わない。)



要素の部分を選択して、ツールバーの左端のところで、ラベルを付ける。



プルダウン入力させたいセルを選択して、メニューバーの[データ]>[入力規則]を選ぶ。



ダイアログが立ち上がるので、[設定]の入力値の種類で「リスト」を選択し、元の値に先ほど設定したラベルの名前の前に「=」を入れて入力。



これで、最初の図のようなプルダウン入力が可能になるはず。
後は、このセルを必要な列にコピーしておけばよい。

ところで、付けたラベルを消したいときはどうするか?
(これ、前にもやったはずのことなのだが、どこにあったのか覚えていない。)
メニューバーの[挿入]>[名前]>[定義]を選ぶと、つけたラベルのリストがでてくるので、そこから削除などが可能。



ちょっと、文句を書いておくと、特に最後の部分の説明は不要であるべきだとおもう。
Excelには本当に多岐にわたる機能があって、使いこなすと実に応用範囲の広いアプリケーションだ。
しかし、細かい機能の操作性があまりに直感的でないのは、どうにかして欲しい。

読み込み専用で開く 

誰かが開いていると後から開いた人は読み取り専用で開くことになり、変更や追記ができないときってありますよね。 はなから編集目的でないのなら、後から開く人の為に最初から『読み取り専用』で開けば後から編集目的で開いた人の作業がスムーズです。

そこで便利な設定を見つけました。

http://www.asahi-net.or.jp/~ef2o-inue/kankyo/sub02_03_04.html

右クリックメニューに『読み取り専用で開く』を追加できます。

条件付sumなどの配列数式を編集する

=SUM(IF($B$7:$B$39="R",$D$7:$D$39,0))
こういった式です。例は、同じ行のB列が「R」であるときのみ、sumの計算に加える。といった意味。

配列数式を含むセルまたはセル範囲を選択し、control キーを押しながら U キーを押して数式を編集した後、コマンド キーを押しながら return キーを押します。
普通にreturnキーで終了すると、#value!エラーになります。

ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:15
ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:15
ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:15
ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:15
ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:22
ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/01/23 19:22
Comments