Home‎ > ‎Application‎ > ‎Firefox‎ > ‎FirefoxExtension‎ > ‎Firebug‎ > ‎

FireBug_ConsoleAPI

080620_11_17


FireBugのコンソールAPI テスト

どうやら、現状のFirebug 1.2.0 b3 では、
console.assert,console.trace あたりが、まともに動かないっぽい。

<script type="text/javascript">
var obj=document.getElementById("title").firstChild;
var obj2=document.getElementById("title");
console.log(obj);

/*    渡された全てのオブジェクトをconsoleに出力します。また,第1引数を文字列にすることで,printf関数のように扱うことが出来ます。扱えるパターンは4種類あります。
        * %s:文字列
        * %d, %i:整数
        * %f:浮動小数点数
        * %o:オブジェクトへのリンク */

console.debug(obj)
/*    基本的にはconsole.logと同じですが,エラーの行を表示します。*/
console.info(obj)
/*    基本的にはconsole.debugと同じですが,出力の先頭に「i」のアイコンをつけます。*/
console.warn(obj)
/*    基本的にはconsole.debugと同じですが,出力の先頭に「!」のアイコンをつけます。*/
console.error(obj)
/*    基本的にはconsole.debugと同じですが,出力の先頭に「×」のアイコンをつけ,ステータスバーのエラーに追加されます。*/
console.assert(obj, obj);
console.assert(a =10,"a = 10 は 偽",a);//真
/*    expressionがfalseなら第2引数以降をconsoleに出力する。第2引数以降はconsole.logと同様です。*/
console.dir(obj);
/*    渡されたオブジェクトのプロパティと値を全て出力します。*/
console.dirxml(obj2);
/*    渡されたノードのソースツリーを表示します。HTMLタブと同様に表示され,クリックすることでHTMLタブで確認することができます。*/

    console.trace();

/*    この関数が呼び出された時点でのスタックトレースを出力します。*/
console.group(obj);
/*    console.groupEnd()が呼び出されるまでのconsoleの出力をグループ化します。引数はconsole.logと同様ですがその名前によってグループ化されるため,文字列を入れておけばよいでしょう。*/
document.write("test");
console.groupEnd();
/*    console.groupによるグループ化を終了します。*/
var name="time";
console.time(name)
/*    console.timeEnd()が呼び出されるまでの実行時間を計測し,出力します。第2引数にtrueを渡すことによって時間をリセットする。*/
console.timeEnd(name)
/*    console.timeによって計測されていた時間を出力します。console.timeで指定したものと同じ名前を指定する必要があります。*/
test = function (){
    //alert("test");
        console.trace();
        return;
}
console.profile(test)
/*    profile関数と同じく,console.profileEndが実行されるまでに実行された関数の解析を行います。*/
test();
console.profileEnd()
/*    console.profileによる解析を停止して結果を表示します。*/
var label="label";
console.count(label)
/*    console.countが呼ばれた行が何回呼ばれたかをカウントし,出力します。引数にラベルを指定することができます。 */
</script>


FireBugのコンソールAPI テスト

Comments