Home‎ > ‎Application‎ > ‎

Locomotive

http://locomotive.raaum.org/

OSX用の RubyOnRails のオールインワンパッケージである。
私の場合、Locomotive2になったころからRailsのアプリが立ち上がらないといった現象が起きて使わなくなった。
既に、Locomotiveなしでの環境は構築していたので、なくてはならないと言うほどでもなかったためである。



Railsをちょっと試してみたいとか、面倒なことはしないでさっさと触りたいといった向きには、やはり有用なパッケージだし、エディタ TextMate との相性もよい。
TextMate の日本語での使用の目処が立ったこともあって、もう一度さわってみた。

通常OSXでRubyOnRailsを使うには、いくつかの手続きを踏む必要がある。
  • Rubyのインストール。(OSXにプリインストールされているRubyのパッケージが完全ではないらしい)
  • gemsのインストール
  • gemsによるRailsのインストール
  • mysqlなどのDBのインストール
Locomotiveには、これらのうちDBのインストール以外の作業はする必要がない。
また、ターミナルに触れる作業を減らすことができる。

立ち上がらない。何故?

どのバージョンからかわからないが、正常動作しなくなった。
まず、立ち上がらない。なぜ?とおもっていたが、どうやらOSXにプリインストールされているrubyを/usr/bin/ruby から移動しておいたのがまずかったらしい。
立ち上がった後については、Railsのバージョンが古い物でつくった場合は、手直しが必要な場合が多い。
もっとも単純な場合は、config/environment.rb のRAILS_GEM_VERSION を現バージョンに直すだけで動く場合もある。






ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/02/03 20:41
Comments