Home‎ > ‎Application‎ > ‎

Mailplane

080420_14_08
現在は、Stableバージョンと CuttingEdgeバージョンに分かれていて、
CuttingEdgeバージョンは英語版での提供。Gmail 2.0 対応はこちらのみ。
CuttingEdgeでは、バージョンによって添付がうまく送信できなかったりというのがあったので、
微妙に併用していたりする。

ちなみに、Mailplaneは、Safariと同じレンダリングエンジン つまり、Webkitを使用している。
で、この上でGreasemonkey を動かすためのツールとか出ていたりする。
ちなみにこれは、SIMBL = Smart InputManager Bundle Loader というものの上で動くようにつくられているので、まず、こちらをインストールしておく。
うまくいくと、下記のように、メニューに GreaseKit というメニューが増える。(当然、Safari でも表示されるはず。)



GreasemonkeyScriptのインストールの仕方は、Firefoxと同じ。
配布ページでクリックするとアラートが表示されるので、インストールすればいい。
ちなみに、Mailplane のために、これを入れた理由というのは、
http://www.arend-von-reinersdorff.com/folders4gmail/
Folders4gmail という、ラベルを階層化するスクリプトを使用したかったため。


GMailのOSXクライアント今のところ、英語版のβ提供のみ。
シェアウェアらしい

http://mailplaneapp.com/

さくさく動くのが気に入っている。
Firefoxはどうも不安定。機能拡張の絡みか、AJAXアプリでたくさんタブ開いているせいかよくわからないけど、起動して時間が経つと、新しいURLが読み込めなくなり、ブラウザの終了もできなくなる。強制終了して立ち上げ直しが必要。
なので、いつも立ち上げている必要のあるメールは、こっちに移行してもいいかなと。

ver1.5になって、iphotoのプラグインがついてきた。入れてみる。

ą
Yoshimitsu Tesaki,
2008/04/19 22:16
Comments