Home‎ > ‎Etc‎ > ‎

おかざき真里

080608_12_32

15年くらい前になるだろうか?
ラポートから「冬虫夏草」という小品集が刊行されている。
偏執的とさえ言える、異様に緊密な草の描写が、印象深かった。


プロフィールによれば、多摩美卒業後広告代理店に勤めながら漫画を描いていたらしい。
連載は、マーガレットとかりぼんとかがメインステージだったようで、
ラポートのファンロードが休刊してからは(その後出版社を替えて復刊されたみたい)
おいらのチェック範囲から外れていたのだよな。


飛鳥新社、祥伝社とかの
A5判で、いくつか本が出ているのは知っていたのだけどね。
「バスルーム寓話」とか「セックスのあと男の子の汗は…」とか。
結構長く続いているっぽい「サプリ」とか。

後、未完らしいのだけど、BJあたりで「彼女が死んじゃった。」ってのがある。
これは、原作つき。

最近読んだのは、下記あたりの
マーガレットとかりぼんで描かれていたモノ。
「渋谷円山町」
「シャッター・ラブ」
「12ヵ月」
「BX」

件のファンロードという雑誌で同時期に描いていて、最近ヒットした人としては「蟲師」の漆原 友紀 とか。







Comments