Home‎ > ‎Etc‎ > ‎

情報の集積場所

何かというと、ひとつは「ブックマーク」「メモ(blog,wikiとか)」の置き場所のはなし。
割と最近、自分自身メインのブックマークをSBMのひとつ「はてなBM」にした。
(※SBM、SBS どっちが正しい略語なのだろう?)
でも、「ブラウザのBM」だけにいれているものもやっぱりある。
この使い分けは、割と明確。
例えるなら「Google」と「Yahooのディレクトリ」。
「はてなBM」は、ちょっとでも興味を持ったらとりあえず突っ込んでおく場所。
「ブラウザのBM」は、必ず使うモノ、非常によく使うモノだけをいれている。
どちらも必要、みたいな感じかな。

タグの付け方は、いろんな意味で試行錯誤中。
見え方のきれいさとweightのわかりやすさ。汎用性からいうと、「英語大文字」に統一した方が良い。
でも、英語に堪能なわけでもないので、すぐ思い出せない単語を登録しても、後で探せやしないのだな。
一方、日本語は、読めるけど漢字を入れるとソートされた結果がわからんので、多くなってくると探せないという問題もあったりする。
で、今はどうしているかというと、なるべく英語。調べないとわからないときはとりあえず日本語でいれている。
後は、tagはなるべく複数入れるようにしている。また、割と類義語や意味の重複も気にしないでいれている。
これは、まぁ、後でタグの付け替えをする機能がきちんとついていたということと。
そのうち、もっとタグ関連の検索が便利になるだろうと思ってしていたことで、実際に昨日だか、複数tagの絞り込み機能がついて、よりそういった使い方に現実味がでてきた。
逆に、使用するタグを絞り込むことで、混乱を避けている人もいるようだ。

「はてなBM」への希望としては、やはり「英語」「日本語」を含むシーソラスが生成される仕組みを作って欲しいかなということ。後、どうせ作るならそれ単独で使えるAPIも絶対欲しい。
出来合のシーソラスがあるならそれでもいいけど、wikipediaじゃないけどありモノより役に立つモノが出来そうな気がする。
「はてなBM」にページを登録しようとすると、ページ内の単語と辞書が対照され、weight付けされた類義語を含む一覧の中から選ぶのが一番効率的と感じるようになると、自然とタグも収束されていくんじゃないかな?
まぁこれも集合智の一種だと思う訳だけど。これって、はてなアイデアに載ってるかな?調べてみよ。

Comments