Home‎ > ‎Etc‎ > ‎

思考実験「ガルシア・マルケス」

これは、何かというと、「アイデアパーソン入門」の「たぐる」
を試してみようということで、妻と会話していて出てきた語彙などをまとめてみたものである。

そもそも、なぜこのキーワードに引っかかったかといえば、
「ガルシア・マルケス」がバッグのブランドとして10代から20代前半の女性に
非常に人気があり、私が少し関わりを持っているヴィレッジヴァンガードの人気商品でもあるからだ。
そこの人気商品ということで、そういったバッグブランドを知ったのだが
どうしても商品ブランドと作家の「ガルシア・マルケス」が結びつかなくて困惑した記憶があったためである。

ほとんど知らない話ばかりだったな。おもしろかったけど。
  • ガブリエル・ガルシア=マルケス
    • 百年の孤独」 ノーベル文学賞受賞
    • 妻が言うにはエロオヤジ … そうなのか?
    • コロンビアの人
    • 寺山修司筒井康隆などにも影響を与えている
    • というか、寺山修司はこの作品を下敷きに「さらば箱船」という映画を撮っている。
    • 著作権がらみで悶着があったらしいけど、この作品のwikipedia情報ってないね。
  • ラテンアメリカ文学
    • ホルヘ・ルイス・ボルヘス
      • アルゼンチンの人
      • おいらにとっては、「バベルの図書館」が印象深い
      • ウンベルト・エーコ『薔薇の名前』の図書館のイメージもここからきているそうだ
        • これのDVDは、見た
      • 幻想文学というと、澁澤龍彦と種村季弘が思い浮かぶ
        • 種村季弘とボルヘスは、広島時代に仲の良かった男の子が好んでいたんだよね
        • 実は、余り読んでない
    • マヌエル・プイグ
      • こちらも、アルゼンチンの人
      • 蜘蛛女のキス」を深夜放送でやっていて、妻は、ホモの男性の死体が遺棄されるシーンで泣いたらしい
        • 反ファシストっぽい話なのかなと
  • 存在の耐えられない軽さ
    • チェコのプラハの春を背景にした恋愛小説?
    • 映画談義から移行したんだっけ
    • これも、松岡正剛が書評を書いてるね
  • サマンサ・タバサ
    • バッグの方のガルシア・マルケスと関係があると妻はいってたが、ネット上で裏がとれない
    • 北青山の青山ビルに本社があって、プレスルームもあり、海外を含めた有名人・タレントがよく来るのだそうだ
    • 妻が以前、同ビルのJUST SYSTEMで勤務していたことがあり、ヨンさまなどがきた時は大騒ぎだったらしい
    • また、バレンタインの時期には、社長にチョコを渡すのに行列ができるんだそうだ
    • 妻のJUST SYSTEM時代の同僚の男の子が妹の誕生日祝い?に、ガルシア・マルケスのバッグをねだられたのだとか
  • バッグのガルシア・マルケス
    • ヒューマン・デベロップメント・レポート社 会社のページ見つからず
    • 社長、石丸アキヒコ という人らしいが、ネットであまり情報がなさげ
    • ドゥ アブリル というブランドも展開しているようだが、公式ページみつからず
   
ま、これをやってみて、妻はおいらにとって、よい拡張脳になってくれそうだと気がついた。w


余談

  • オメガ・スイーツの店名の由来
    • 妻が以前つとめていた神田の古書・雑貨屋の名前
    • 写真集のタイトルらしい「最後の部屋」で、死刑囚の死刑直前に連れてこられる部屋のことらしい。スペル変えてるらしいが。









Comments