Home‎ > ‎ProgramTool‎ > ‎

Hamachi

といっても、はまちちゃんのことではない。w
Windows,Linuxだけでなく、OSXでも使えるVPNのソフトである。

http://www.hamachi.cc/
http://d.hatena.ne.jp/sesejun/20070108/p1

これを使えば、家のマシンに作業ファイルを忘れても大丈夫。w
ローカルネットワークにつながったマシンのように、会社のマシンから家のマシンをみたりすることだってできる。
iTunesの曲を家のマシンにいれておけば、会社からだって聞ける。

何かHamachXアップデートしてるのに気がついた

080716_10_21
0.9 (1C9)になっている。
http://hamachix.spaceants.net/download.html

トラブル

080304_11_12

コンソール見てたら、30s毎にこんなのはしっているのに気がついた
08/03/04 10:41:30 tuncfgd[956] tuncfg: already running, use 'killall tuncfg; tuncfg' to restart it
08/03/04 10:41:30 com.apple.launchd[1] (tuncfgd[956]) Exited with exit code: 1
どうやら、こういうことらしい。
http://discussions.apple.com/thread.jspa?messageID=6571462

結論としては、こいつを実行してから、
sudo launchctl unload /System/Library/LaunchDaemons/tuncfgd.plist
下記のファイルをけしちまえ、ということらしい。
/System/Library/LaunchDaemons/tuncfgd.plist
080225_21_33
Leopardにしてから hamachiXがどうにもあかんね。
普通にコンソールからやる分には問題ない。

大分前からhamachXを起動時に立ち上げていたのだけど、ようわからん問題がいくつか。
・hamachiXがhamachiをたくさん立ち上げようとする?リトライしてる?(アクティビティモニタとかでみてる)
・時々、アップデートしてないのに、インストールしてってのがでてくる。
なんで、起動時だけhamachXでログインしていることを確認して、接続は維持したままアプリケーション落としてたんだよね。
なので、上の不具合はもしかしてなおっているかもしれない。
後、微妙にFolderShareと相性悪い気がするのは、気のせいか?

で、こないだからメモリが足りなくなることが多くって、試しにいれてみたzimbra絡みのデーモンがたくさん走ってるっぽいと気がついて、Uninstallした。
これも、最初のUninstallが不完全で、postfixのプロセスがじゃんじゃか立ち上がるとかあって、3時間ぐらい格闘してたのだけどなんとかなったみたい。

再起動すると、hamachiXはキーチェーンのアップデートを要求してくる。(キーチェーンを利用するアプリをバージョンアップすると出てくるダイアログ)
updateするをクリックすると、その度にsecuredが1G超メモリを食って、hamachiXもフリーズ。再起動しても同じ現象を繰り返すという具合になった。
securedを強制終了したら、keychain使えなくなるし。(あたりまえなんだけど)
keychainをupdateしないを選択したら、やっぱりこれもフリーズ。
キーチェーンのチェックをしたらlistが壊れているとか出てたので、修復。でも、症状改善せず。
そういうことを繰り返しているうちに、例のhamachiが入ってないよ、インストールする?みたいなのがでてきたので、installをクリック。
それから、hamachiXを立ち上げ直しててやったら、securedのメモリ食いも納まってhamachiも動いているみたいだ。
いまいっちょ、なんでなおったのかよくわからないけど、そういうことがありましたと。

ユーティリティ

アプリ版もでているみたい。
http://homepage.mac.com/lxr/homepage/spaceants/hamachix/
http://lifehacker.com/software/hamachi/download-of-the-day-hamachix-mac-202039.php

こちらだと、以下のインストール作業をする必要はない。
初回立ち上げ時に、インストールするかきいてくるのでボタンクリックするだけ。

インストール


Macの場合、下記を入れておく必要がある。各自の環境に合わせてダウンロード。
installer packageになっているので、インストールそのものは、すぐできるはず。
http://www-user.rhrk.uni-kl.de/~nissler/tuntap/

Step1.hamachi インストール
ここからは、ターミナルに降りて作業。
インストーラスクリプトがなんかうまく動かなかったので、スクリプトをコピペして実行した。
sudo install -m 755 hamachi /usr/bin/
sudo ln -sf /usr/bin/hamachi /usr/bin/hamachi-init
sudo make -sC tuncfg
sudo install -m 700 tuncfg/tuncfg /usr/sbin

Step2.デーモン立ち上げなど
sudo /usr/sbin/tuncfg
hamachi-init #こちらは、初回だけで良いと思う
hamachi start
hamachi login
hamachi setnick <your-nick-name> 

Step3.自分のネットワークを作る
hamachi create <your-new-network-name> <password>

Step4.オンラインにする
hamachi join <your-network-name> <password>
hamachi go-online <your-network-name>

以上が、サーバ側の設定。
クライアント側でも同様のことを行うが、Step3は行う必要はない。
再起動時には、これだけのようだ。
sudo /usr/sbin/tuncfg
hamachi start
hamachi login
ダッシュボードのWidgetsとかも出ている。
http://www.65co.com/?page_id=13
設定が悪いのか、なんか動作が微妙なのだけど。

で、hamachiが動くと、ネットにもあるようにiTunesの共有、共有フォルダのマウントなんかもできるし、
http://netafull.net/ipod/013721.html

VNCを使える設定にしてあれば、リモートマシンをコントロールすることも可能だ。

やっちゃ行けない見本w


リモートアクセス先から、更に自分にリモートなんてこともできますが、そういったことをすると、こういうことに。
カーソルの移動が奪われてそうさ不能に陥りますので、やめましょう。orz

FolderShareとかP2Pでコピーしておくのもいいけど、Mac同士とかだとこっちの方が楽ちん。

関連記事


ą
Yoshimitsu Tesaki,
2007/02/19 16:37
Comments