Home‎ > ‎Service‎ > ‎Google‎ > ‎

GoogleAppEngine

080918_10_44
遅まきながら、もう少しいじってみた。
講義の資料にするためだったわけだが、ちょっと楽しかった。
本来のアカウントでやりたかったのだけど、携帯電話でのアクティベーションが必要なのだが、受け側の設定をきちんとやってなかったので失敗。
別アカウントを作って、そちらでやり直してみた。1万人限定とかなってたと思うけど、今実質ゆるめてたりするのかな?
あっけなく、新規アカウントで登録できたけど。

しかし、GoogleCalendarでもそうだが、iPhoneが送信先に選べないんだよね。
GoogleCalendarそのものは、iPhone対応してるのに、なぜだろうかと思う。
SoftBankだからっていう問題なのかな?
他は、日本のキャリアの事情を汲んだ形になっている気がするので、単に時間の問題というか優先度の問題なのかもしれず。

OSX版はGUIがついているけど、Windows版のSDKってコマンドラインオンリ−?
なんでだろって思ったよ。作るの面倒くさいのかな。

基本的にPILのインストールが必要なのだけど、コレに結構手間取った。
OSXは、最初からPython2.5も入っているのだけど、 python で呼び出すときと、python2.5 で呼び出すときで、環境というか読み込むライブラリの位置とかが変わってくるみたい。

どっちがどっちだったか忘れたけど、どっちかがどっちか。w

/Library/Frameworks/Python.framework/Versions/2.5/lib/python2.5/site-packages
/Library/Python/2.5/site-packages


080417_22_40

http://code.google.com/appengine/
こいつが出たのが、自分が私用でほとんどインターネットにアクセスできない状態だったときで、
家に帰って、ようやく招待待ち行列のリクエストに追加できたのが、その4日後くらい。
当然のことながら、いっこうに招待メールは来る気配なし。

http://d.hatena.ne.jp/amachang/20080415/1208233192
http://labs.cybozu.co.jp/blog/akky/archives/2008/04/appdrop-google-app-engine-sdk-on-amazon-ec2.html
このあたりで、既にクローンが出てきてて、他のサーバ(例えばAmazonのEC2とか)で動かせる環境、作られてるというのを読んで、やってみようかと重い腰をあげてみたわけ。
そしたら、SDKでローカルでアプリ動くじゃん。
レジストできない時点で意気阻喪して、触ってもみてなかった。^^;

多分、今一番丁寧に解説してある 日本語 の記事は、ここかなと思う。
http://d.hatena.ne.jp/hamatsu1974/searchdiary?word=Google%20App%20Engine

とりあえず、SDK にはいってる guestbook を動かしてみる。

OSXでは、下記にインストールされる。
/usr/local/bin/dev_appserver.py   サーバの起動
/usr/local/google_appengine/ 以下にいろいろ
cd /usr/local/google_appengine/demos
/usr/local/bin/dev_appserver.py guestbook
http://localhost:8080/

ブラウザでみると、確かに動いてるね。ぱちぱち。 w
今日は、ここまでかなぁ。

インストーラーに表示されてたオプションは、後で使うことになりそうなので、コピっておこう。

/usr/local/bin/dev_appserver.py [options] <application root>

Application root must be the path to the application to run in this server.
Must contain a valid app.yaml or app.yml file.

Options:
  --help, -h                 View this helpful message.
  --debug, -d                Use debug logging. (Default false)
  --clear_datastore, -c      Clear the Datastore on startup. (Default false)
  --address=ADDRESS, -a ADDRESS
                             Address to which this server should bind. (Default
                             localhost).
  --port=PORT, -p PORT       Port for the server to run on. (Default 8080)
  --datastore_path=PATH      Path to use for storing Datastore file stub data.
                             (Default /tmp/dev_appserver.datastore)
  --history_path=PATH        Path to use for storing Datastore history.
                             (Default /tmp/dev_appserver.datastore.history)
  --require_indexes          Disallows queries that require composite indexes
                             not defined in index.yaml.
  --smtp_host=HOSTNAME       SMTP host to send test mail to.  Leaving this
                             unset will disable SMTP mail sending.
                             (Default '')
  --smtp_port=PORT           SMTP port to send test mail to.
                             (Default 25)
  --smtp_user=USER           SMTP user to connect as.  Stub will only attempt
                             to login if this field is non-empty.
                             (Default '').
  --smtp_password=PASSWORD   Password for SMTP server.
                             (Default '')
  --enable_sendmail          Enable sendmail when SMTP not configured.
                             (Default false)
  --auth_domain              Authorization domain that this app runs in.
                             (Default gmail.com)
  --debug_imports            Enables debug logging for module imports, showing
                             search paths used for finding modules and any
                             errors encountered during the import process.


Comments