Home‎ > ‎Service‎ > ‎Google‎ > ‎

GoogleApps

https://www.google.com/a/

トラブル

昨日気がついたのだけど、どうやらalglab.comのメールアドレスが死んでいるっぽい。
メールを送ることはできるけど、受信ができない。
何故気付いたかと言えば、 TextMate  のレジストコードの送り先を alglab.com の方にしていたためで、待てど暮らせど送られてこない。これは、おかしいと思って、自分にメールを送ったら思いっきりエラーではねられてました。
どうやら、1月からずっとこういう状態だったっぽい。
alglabのアドレスは、RSSのあまり読まないのを放り込んでいるのに使っているだけなので、全然みていなかったし、昨日までは気がついていなかった。

This is an automatically generated Delivery Status Notification
Delivery to the following recipient failed permanently:

    test@alglab.com

Technical details of permanent failure:
PERM_FAILURE: SMTP Error (state 9): 553 sorry, that domain isn't in my list of allowed rcpthosts (#5.7.1)
nslookupしてみたらば、こんなかんじ。
nslookup
>type=mx
>alglab.com

Server:         192.168.11.1
Address:        192.168.11.1#53

Non-authoritative answer:
alglab.com      canonical name = alglab.backdrop.jp.

Authoritative answers can be found from:
backdrop.jp
        origin = dns01.chicappa.jp
        mail addr = admin.paperboy.co.jp
        serial = 2006024272
        refresh = 60
        retry = 3600
        expire = 1209600
        minimum = 86400

こら、おかしいとおもって、DNSのレコード設定をあれこれいじってみる。
結論だけ言うと、「cname @ alglab.backdrop.jp.」この設定がまずかったらしい。
サービスにPersonarized Homepageの機能が追加された際に、やっちゃったっぽい。
alglab.com を確認させるために、http://alglab.com/の直下にファイルをおかなきゃいけなかったりする。
そのための苦肉の策だったわけだが、こんなところで裏目っていた。
やっぱり、ちゃんと理解してやらないと駄目ね。^^;

使ってみる

1) まずドメインとりました。「alglab.com」
ムームードメイン(ペパポのやってるとこですね) 税込み808円

2) 改めて Google Apps for Your Domain にサインアップ
About your Organization って、いろいろ聞かれるので、とにかく埋めてsubmitすると、登録できます。

3)さて、どうやら実際に http://alglab.com/ 以下にファイルを見に行って確認するようなので、サーバが必要になってしまった。(なりすましとか防止しなきゃだもんな。)
チカッパ(こちらもペパポ)無料でおためしできるということなので、登録。
続けて使うには、初期2100円+525円/月いるみたいです。php,mysql,Railsも動かせるかも?なので、続けて使うかもしれないし。
ftpして、googleの指示してるファイルをつくって、ドメイン確認はオッケ。

4) 次はDNS関係の設定で、cnameとかmxとか、指定しないといけないらしいのですけど、ムームーにはそれらしいモノが見つからない。ぐぐってみ たら、どうやらムームーでは、基本ペパボの他サービスと連携することを前提に、そういった細かいコントロール画面はあえて省いているらしい。(安い料金に 釣られて早まった…)
暫く調べてたら、どうやら無料でDNSだけつかえるところがあるらしいことを発見。
バリュードメインというところに登録して、「無料ネームサーバ管理」というのを使わせてもらうことにしました。
ムームーの設定で、DNSの設定をバリュードメインのNSを見るように変更しておきます。
なんとか、cnameとmxの設定。

5)後は、Google Apps for Your Domain に戻って、作業終わったよとボタンを押しておきます。DNS反映されるまで待ち。

で、こっちが
Google Page Creater でつくったページ

ホントは、Google talkの設定もあるみたいだけど、まぁ、メールも飛ぶようになったし、一応満足ということで、ここでおしまい。w

Gmail使いたい放題だし、これからなんかうまい利用法でも考えてみることにします。

Google Talkの設定

今のところ、これだけうまくいっていない。
SRVレコードというのを設定する必要があるようなのだが、バリュードメインでは、これを編集する機能がないため。
トホホ。

機能が追加されてる


Personarized Homepageの機能が使えるようになっていたので試してみる。
http://partnerpage.google.com/alglab.com

cnameの設定で、 start,mail,calendarとかのサブドメインも設定できるようになってるけど、単にリダイレクトされるだけでした。

思うこと


Gmailには、2006年末に、Get mail from other accountsという機能が追加された。
だけど、こちらはまだ。早く対応しないかな。




Comments