Home‎ > ‎Service‎ > ‎Google‎ > ‎

GoogleReader

元々特異なインタフェースのFeedReaderだったが、リニューアルして随分使いやすくなった。
いまのところ、メインのReaderとして使っている。

http://www.google.com/reader/

090111_17_32
キーボードショートカット
http://www.google.com/support/reader/bin/answer.py?hl=jp&answer=69973
space スクロール下へ
j/k 上下の記事移動
t タグをつける


検索機能を付加

LDRとかと比べちゃうし、気になる点はいくつかあって、その中で最大のものが検索機能がついていないことだろう。なぜ?
不便と思いつつ、面倒くさくてそのまま使っていたけど、下記エントリを再発見したので、この際やっておく。

Google Co-op を利用した検索
http://at-aka.blogspot.com/2007/01/google-reader.html

GoogleToolBarにカスタムボタンを設置
http://at-aka.blogspot.com/2007/01/google-reader_24.html
使ってない人は、GreaseMonkeyもある

ちょっとした機能

購読しているフィードの傾向を見ることができる
http://www.google.com/reader/view/?page=trends

インタフェースの特長

  • 未読の管理がすばらしい。表示しただけでは既読にならない、スクロールオーバーorクリックすると、そこまで読んだことになる仕組み。
  • AJAXで、スクロール先の記事の先読みをしているっぽい。
  • タグタイプのカテゴリを使用できるが、複数選択可能なプルダウンが特異なUIだと思う。

感想

やっぱり、以前のあの特殊なUIは不評だったのかね?
新しいのは、見た目としてはLivedoorReaderとか、Bloglinesとかに近い形になっている。
既読未読の処理が、少し独特で、インラインのスクロールが一定の位置にくると読んだことになるらしい。
後、細かいけど、カテゴリの設定に、プルダウンとチェックボックスを合わせたようなUIが使われていて結構感心した。

それから、Shareに対していろんな取り組みをしていたのが面白い。
noteBookとうまく連携できると、ほぼ欲しい形になるかもしれない。


Comments